中性脂肪に対する効果

人間が生きていく上で補わなくてはならない栄養素といえば、タンパク質や炭水化物、ミネラル、ビタミンなどいくつか挙げられますが、同時に脂肪も体にとって必要な存在です。
脂肪には種類があり、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けることができます。どう違うかというと、飽和脂肪酸の方は質が硬くて血管の壁に付着しやすい特徴があります。これが血管を狭くして動脈硬化を引き起こしやすくするものです。
一方の不飽和脂肪酸とは、飽和脂肪酸とは逆で細胞を調整する作用があり、動脈硬化を予防する大切な成分です。
オメガ3脂肪酸は、体に良い方の不飽和脂肪酸に属します。
また、オメガ3脂肪酸の中にもいくつか種類があり、DHAで知られるドコサヘキサエン酸をはじめ、EPAと呼ばれるエイコサペンタエン酸、DPAドコサペンタエン酸があります。ただし、オメガ3脂肪酸の主な成分はDHAやEPAとなっています。
体に良い成分として知られるDHAやEPAですから、これらを含むオメガ3脂肪酸を配合したサプリメントは人気が高くなっています。サプリメントの原材料は多くがサンマやアジなどの青魚の油です。商品によっては植物油であるオキアミや亜麻仁油抽出油を配合いている場合もあります。
生活習慣病を予防するためには、コレステロールや中性脂肪の値を下げる必要があります。ドロドロになった血液の流れをサラサラにし、動脈硬化を予防しましょう。
また、脳細胞や神経組織を正常な状態に維持したり、損傷を修復する効果もあります。健康な体を作るためには、オメガ3脂肪酸が欠かせません。