オメガ3脂肪酸のDHAは何に効果的?

DHAやEPA、ALAで成り立っている物質がオメガ3脂肪酸です。この3種類の中ではDHAが最も有名ですね。他のEPAとALAは、普段あまり聞くことがないため馴染みが薄いかもしれません。
DHAはドコサヘキサエン酸を省略した呼び名で、魚に含まれている栄養素です。特にイワシやサバ、マグロなどの青魚に多く含まれており、油から抽出するエキスです。DHAの最大の特徴は血液の流れをサラサラにすることであり、コレステロールや中性脂肪の値を下げる効果があります。動脈硬化を防ぐため、生活習慣病の心筋梗塞や脳梗塞を予防します。
DHAは子供が食べると頭が良くなると言われていますね。これはDHAが脳に働きかけて記憶力や暗記力をアップさせる効果があるからです。子供には脳の活性化、大人には血液サラサラ効果と、DHAは幅広い年代に嬉しい成分です。
日頃の食生活で魚料理を好む方なら、無理することなく自然にDHAが補えています。しかし、昨今魚離れが進んでいる日本人の食生活ですから、DHAが不足していることも十分考えられます。健康な体を脳を維持するためには、積極的にDHAを補給しましょう。