アルツハイマー病の効果

話題のオメガ3脂肪酸ですが、人間の体内で細胞をコントロールするという大切な役割を果たしています。つまり、健康な体を維持するためには欠かすことのできない成分というわけです。
脂肪酸というと体に蓄積した余分な脂肪を連想する方が少なくないでしょう。しかし、オメガ3脂肪酸は体全体に嬉しい効果をもたらします。特に脳神経細胞や循環系に関するメリットが多いことで知られています。細胞膜を作ったり調整する作用があると言われています。
脳神経疾患である認知症やアルツハイマーを予防する効果がありますし、血中コレステロールや中性脂肪を下げて病気のリスクを軽減する効果も得られます。これらは全て現代人に多くみられる病気ですから、オメガ3脂肪酸の予防効果に注目が集まっています。
オメガ3脂肪酸を積極的に摂取するためには、青魚や緑黄色野菜、豆などの食材を食べると良いでしょう。
水中に存在する植物プランクトンで作られたオメガ3脂肪酸は、魚を介して人間の体内に運ばれます。魚を食べることによって補える栄養素はオメガ3脂肪酸だけではありません。魚や緑黄色野菜などの食材には、多くの栄養素が含まれているため、普段の食生活には必要不可欠な食材と言えます。
肉料理に偏りがちな現代人の食生活ですが、魚や野菜も万遍なく取り入れましょう。オメガ3脂肪酸が自然と吸収でき、健康な体へとに導いてくれます。早速今晩のメニューから組み立てて、オメガ3脂肪酸を摂ってみませんか?